-不届者足掛番号-
You are the   
rd faulty person
畏れ多くも大作家・井伏鱒二の『荻窪風土記』を模して『阿佐ケ谷不届記』とはこれ如何に!・・・【阿佐ヶ谷不届記】とは・・・
阿佐ヶ谷事情に明るい当サイトの管理人矢野がJAZZはもとより各界のスペシャリストたちと作るホームページです
・・・【東京あど弁舎】とは・・・・49年の年月 東京杉並の町阿佐ヶ谷にこだわるJAZZ・SOUL音楽の店です
東京あど弁舎店舗  Profile
 Profile 

煙草大好き男のモクジャケ・コレクション  


阿佐ヶ谷不届記人物往来




 阿佐ヶ谷写真百景面白味なく変化するこの町に厭き、終了。

東京あど弁舎

阿佐ヶ谷不届記

カレンダー 2012〜2013年
カレンダー 2014年
カレンダー 2015年
カレンダー 2016年
カレンダー 2017年
カレンダー 2018年
カレンダー 2019年



2019年   1996年〜〜50音順

ヴァレンティナ・コルテーゼ(伊女優、96歳)
リップ・トーン(米俳優、89歳)  
ジャニー喜多川(ジャニーズ事務所社長、87歳)
竹村健一(評論家、89再)
キャメロン・ボイス(米俳優、20歳)
エディット・スコブ(仏女優、81歳)
高島忠夫(俳優、88歳)
デイヴ・バーソロミュー(米ジャズ・トランぺッター、100歳)
グロリア・ヴァンダービルト (米デザイナー、女優、作家、95歳)
フランコ・ゼフィレッリ(伊映画監督、96歳)
田辺聖子(作家、91歳)
柴田常文(コピーライター/クリエイティブディレクター。69歳)
降旗康男(映画監督、84歳)杉葉子(女優、90歳)
ドリス・デイ(米歌手で女優、97歳)
京マチ子(女優:矢野元子、95歳)



2019年度 (113)

シークレット・オブ・モンスター(15)ブラディ・コーベット
タイガーランド(00)ジョエル・シューマカー
大列車強盗(92)バート・ケネディ
電送人間(60)福田純
沈丁花(66)千葉泰樹
ロールスロイスに銀の銃(70)オシー・デイヴィス
危険な関係(59)ロジェ・ヴァディム
婚約者の友人(16)フランソワ・オゾン
スロベニアの娼婦(09)ダムヤン・コゾレ
残像
(16)アンジェイ・ワイダ

  2019/7/1 更新
令和元年
2019年7月10日(水)
筆まめだった頃の日記から何故か1004年7月日記から


先週「ブラザー・フッド」を観たついでに、「白いカラス」でも観ようかと、のんびり新宿武蔵野館まで行ったところ「今回の部は立ち見です」の一言で、踵を返した。
今週は「白いカラス」に再チャレンジ。立ち見はお断りなので用心のため一番早い10時15分上映の部が始まる20分前に武蔵野館に到着したが、整理番号がすでに90番後半。
結構アナクロでシビアなテーマである人種問題を扱ったこの映画が、なぁ〜〜んでこんなに人気があるのだろうと、列に並ぶ老若男女を見ながら・・・いぶかしんだ?
映画革命とも言えるヌーヴェルバーグ後半の1959年当時。アメリカでは人種問題を扱った映画はまだまだタブーだった。
それならばとフランスの俊英ミシェル・ガスト(当時29歳)が、外見は白人としか見えない黒人を主人公にしたボリス・ヴィアンの原作をもとにアメリカのタブーに挑戦した映画、
「墓に唾をかけろ」(かいつまんだ内容は、当サイトのCINEJAZZを参照されたし)というジャズ映画がそれである。
出口無しで救いようのないのテーマながら、主演のクリスチャン・マルカン、あA・ルアルディの若さが光っていた。
本編ではアラン・ゴラゲール・オーケストラの演奏だった主題歌「褐色のブルース」は、その後映画上映と共に出されたアート・ブレーキーのアルバムで大ヒットした。
かように「白いカラス」も救いようのない心持ちで見終わる作品なのだが、圧倒的な演技で迫るA・ホプキンス、E・ハリス、G・シニーズの男優陣に、一人敢然と絡み合うN・キッドマンが良かった。
また画が綺麗そして、なんといっても挿入曲(JAZZ)の使い方がめちゃめちゃ良く、効果的だった。
このところ大上段に振りかざした刀の降ろし所を見失ってしまったような作品が乱発されている映画界で、この映画は珍しく個人的にかなり良い評価をしたくなる作品である。
ということで勢い付いての映画三昧は吉祥寺まで足を延ばし、友人たちに絶対あの映画だけは観ないだろうなと言っていた映画「デイ・アフター・トゥモロー」を見に行く。
どうしてこうも簡単に、主義主張自分の言葉を裏切れるのかと想いながらの観賞で得たものは、以外や以外・・・CGの見事な効果やらなんやら・・・かなり面白いぞこの映画。
思いっきりスクリーンにのめり込んでしまった。のめり込んだと言えば生まれついての都会派が、生まれて始めてこの地上に小さいながらも、生命の種を咲かせてみた。
感動で、メチャクチャオーバーな言い回しをしておりますが・・・たった二本の小さな小さなキュウリ、なにはともあれオレの農林1号。これを見つけたときは感動の嵐でした。

7月
 SUN  鈍我楽 定休日
 MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT

1
阿佐ヶ谷俳句草相撲
第334回結果発表
第335回投句締切

2

スロベニアの娼婦(09)
ダムヤン・コゾレ

3

婚約者の友人(16)
フランソワ・オゾン

4

危険な関係(59)
ロジェ・ヴァディム

5

ロールスロイスに銀の銃(70)
オシー・デイヴィス

6
ジョアン・ジルベルト
(歌手・ギタリスト、
ボサノヴァ創成者、88歳)
キャメロン・ボイス
(米俳優、20歳)


沈丁花(66)
千葉泰樹

7

電送人間(60)福田純

8
竹村健一(評論家、89再)


大列車強盗(92)
バート・ケネディ

9
リップ・トーン(米俳優、89歳)  ジャニー喜多川
(ジャニーズ事務所社長、87歳)

タイガーランド(00)
ジョエル・シューマカー

10
ヴァレンティナ・コルテーゼ
(伊女優、96歳)

シークレット・オブ・モンスター
(15)ブラディ・コーベット

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31




阿佐ヶ谷不届記web   管理責任者 矢野