映画鑑賞
1984年
タイトル
監督・主演
内容
年月日

キング・オブ・コメディ
King of Comedy
(米)

●マーティン・スコセッシ
●ルパート・パプキン(ロバート・デ・ニーロ)/ジェリー・ルイス(ジェリー・ラングフォード)/サンドラ・バーンハート(マーシャ)/ダイアン・アボット(リタ)/シェリー・ハック(キャシー)

 コメディアン志望の一青年の偏執狂的な売名作戦を描く風刺喜劇。『ニューズウィーク』の映画批評家だったポール・D・ジンマーマンが脚本を執筆。
 スターを夢見るコメディアンの卵デ・ニーロが人気コメディアンのルイスを誘拐、彼の命をタテにして一晩だけのTV出演を強要する。奇しくも同じスコセッシ=デ・ニーロコンビの傑作「タクシードライバー」と同じく、願望実現のために常軌を逸する男と現代社会に息づくささやかな狂気をリアルに描いてはいるが、むろんあの域までは達していない。デ・ニーロ、ルイスという魅力的な顔合わせが(キャラクターのせいもあって)案外パッとせず、ルイスの熱狂的信者で誘拐を手伝う女性ファンに扮したS・バーンハードの方がはるかに強烈な印象を残す。

8405

ランブルフィッシュ
Rumble Fish
(米)
☆☆☆☆
96分

●フランシス・フォード・コッポラ
●マット・ディロン(ラスティ)/ミッキー・ローク(兄モーターサイクルボーイ)/ダイアン・レイン (パティ)/デニス・ホッパー(父)/ダイアナ・スカーウィッド(カサンドラ)/ヴィンセント・スパーノ(スティーヴ)/コラス・ケイジ(スモーキー)/クリストファー・ペン(B.J)/ウィリアム・スミス(警官パタソン)/グレン・ウィスロー(ビフ)/トム・ウェイツ/ソフィア・コッポラ

  アメリカの地方都市で、2人の兄弟を主人公に、かつて不良グループのリーダー格であった兄と、その兄に憧れる弟の成長を描いた青春映画。モノクロ一色の映像、その中で唯一色付けされた魚を登場させるなど、斬新な手法で彼らの心情を巧みに描いている良作。
 ある地方都市。高校生のラスティは、授業をさぼりビリヤードにたむろする不良学生だ。何をやらせてもずば抜けている彼の兄バイクボーイは不良グループのリーダー。その兄が姿を消してから2カ月が過ぎたあるひい、カリフォルニアに行っていたという兄がひょっこり帰ってきたが、「兄は変わった」とラスティは感じた。バイクボーイはペットショップのランブルフィッシュの水槽をじっと見つめていた。ランブルフィッシュとは、タイ産の小さな闘魚の一種で仲間同士で殺し合い、たとえ1匹だけでも鏡に映った自分の姿にさえ向ってゆくという過激な魚なのだ。

8407

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
Once Upon A Time in Americe
(米)

●セルジオ・レオーネ
●ロバート・デ・ニーロ(ヌードルス)/ジェームズ・ウッズ(マックス)/エリザヴェス・マクガヴァン(デボラ)/バート・ヤング(ジョー)/チューズデイ・ウェルド(キャロル)

 アウトローの世界に身を投じた若いユダヤ移民たちのつかの間の栄光と挫折を描く。ハリー・グレイの原作をレオ・ベンヴェヌッティ、ピェロ・デ・ベルナルディ、エンリコ・メディオリ、フランコ・アルカーリ、フランコ・フェリーニ、レオーネが共同で脚色化、
1923年、17歳のユダヤ移民の子通称ヌードルスがマックスと出会ったことから人生が激変してゆく。地元のやくざバグジーの仲間たちに友人を殺されたヌードルスはバグジーを刺し殺す。刑期は6年。1931年、刑務所から出てきたヌードルスも迎えに来たマックスもすっかり成長していた。

8410


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840


(米)


 

840