令和3年
第389回  9月場所2
お題
とろろ汁
Tororojiru
優勝
小結  遊歩
 

優勝

優勝:10
得点:20
累積:371
合計:401
5点以上

●鉄乙女:なんてことの無い、当たり前の幸せ
●小酔:とろろ汁の本質が穏やかな暮らしの中にあることを見抜いた才能に天。穏やかな日常は、とろろ汁ですよー。
●三丁目:とろろ汁の真骨頂、素直に納得。
●日曜生:無病息災、家内安全。そんな言葉が浮かびます。万人の当たり前のつつましやかな暮らし。
●津和乃:全てが自然体で取り込まれている。安心感を感じました。

●土羊:普段の生活にとろっと溶け込んだ感じが良い句です。
●幻灯齋:体にいいものをずっと食してきた、ゆったりとした時間が感じられます。
●利根ノ雫:粘って、でも元の形に戻るのが普通の生活か。
●舟酔:守らなくとも自然に暮らせたらいいですね。
●緑地/●鷹目/●丘山/●三笠

殊勲賞

殊勲賞:5
得点:17
累積:2122
合計:2144
7点以上

●遊歩:うまいですね。今はしぶくとろろ汁。
●邪愚楽:年をとるとなかなかときめかないですね。

●舟酔:贅沢は言ってられません。自分で作るものです。
●鉄乙女:焼肉を食べる男女はなんとやらなどと聞きますが、とろろ汁となるとさらに年月を経ているわけですね。
●小酔:との字のトリオ、ひらがな。中七の口語調。いいですね。たしかにとろろ汁へのときめきは縄文時代までですね。
●幻灯齋:この句は1番のすれ違う句と同類であるけれど、こちらはがっつり音を立ててお互い啜りあっている。美味そうなとろろ汁はこっちかな。
●天布留:気を使つかい音をたてずに食べたのは昔のことですね。
●三笠:哀しさが滲みます。
●緑地/●鷹目/●土羊


敢闘賞

敢闘賞:3
得点:12
累積:996
合計:1011
5点以上

●土羊:「のんびり急ぐ」いかにもとろろな表現。
●三笠:のんびり急ぐというとろろ汁と食欲の表現が素敵でした。
●天布留:とろろ汁の動きが見みえます。面白い句と思いました。
●豆春:のんびり急ぐが、言えてるなあと思いました。どろっとした感じがでています
●酔象:のんびり急ぐがうまさ食感を醸しだしていいかんじ。
●遊歩:中七がいいですね。
●幻灯齋/●津和乃/●三丁目

・・・ 勝ち越し・・・

得点:11
累積:1252
合計:1263
6点以上

●舟酔:ジグソーパズルのように三点がはめ込まれました。
●豆春:季節感があるしっとりとした、美味しそうな句。暖簾の生地の分厚い感じなど店の有り様を想像してしまいます
●遊歩:行きなれた、古い呑み屋のたたずまいが見える。
●三笠:美味しいとろろ汁を出してくれそうですね。

●津和乃:親父の味なんですね。とても素直な句で記憶に残りました
●日曜生/●三丁目/●鉄乙女/●土羊

得点:10
累積:387
合計:397
5点以上

●酔象:奥手がそそる。すれ違ってみてはじめてつながるうまさを味わうことができるのでしょう。
●幻灯齋:お互いに思いやるばかりに本当の気持が通ぜずもやもやしている。まだ音を立ててとろろを啜る間柄ではない、とみました。
●三丁目:さて、とろろ汁でつなぎとめられるか。
●小酔:謎解きは、べたつくくせに何となくイライラするなーと解きましたが不明。でも何となくいい感じの句です。
●緑地/●鷹目/●津和乃/●鉄乙女/●三笠
●土羊

得点:9
累積:1359
合計:1368
7点以上

●鷹目:心地よい疲れと共に日々に戻るのですね。
●緑地:久しぶりに家で食べるざっかけない食事は身も心もホッとします。

●津和乃:旅の終わり、色々な背景が掻き立てられます
●鉄乙女:豪華では無いけれど馳走という意味では贅沢な食べ物でしょう。日常が効いています。
●舟酔/●丘山/●小酔

得点:7
累積:178
合計:184
6点以上

●丘山:手間をかけて作られたとろろ汁が回想を強くするんですかね。
●豆春:いない人を思い出すとろろ汁。妻から離れて山小屋でしょうか、それとも、もうこの世にいないのかしら、と色々想像できる句ですね
●緑地:食べるたびに思い出すんだろうなぁ。淡い喜びに変わるといいですね。
●邪愚楽:妻が影というところが良かったです。

●舟酔/●津和乃/●遊歩/●鉄乙女

得点:7
累積:1326
合計:1333
7点以上

●利根ノ雫:故郷は胃が覚えているのかー。
●緑地:お父上の頑張りが眼に見えるよう。ありがたいことです。
●はじめ:自然薯を掘り、擂りおろすには、力がいるので男の仕事です
●三丁目:破顔一笑。これが食べたかった

●天布留/●邪愚楽/●日曜生

得点:8
累積:569
合計:577
5点以上

●酔象:胡座の父親の思い出。するするがいいかんじ。●丘山:ふと近年胡座でご飯を食べることが殆どないなと思ってしまいました。
●邪愚楽:父の一生懸命さが伝わりますね。
●鷹目:大きな杉鉢が浮かびます。
●土羊:擂鉢を胡坐の中に抱き込んださまが愉快です。
●天布留

得点:5
累積:150
合計:155
5点以上

●豪力:そういう茶屋で食べるとろろ汁は美味そうですね。
●日曜生:通り雨をしのぐ間にとろろ汁。旅情を感じますね。
●はじめ:茶屋で寛いでいる間の通り雨でよかったね。
●天布留:雨宿りついでに、お酒も一本付けたでしょうね。
●幻灯齋/●遊歩

得点:4
累積:-7
合計:-3
3点以上

●利根ノ雫:コロナ禍で自粛していたせいか響くんですよね
●日曜生:高尾山に行ったことはないですが、この一句で行きたくなりました。

●舟酔/●はじめ/●天布留

● ●●横綱●●●
(10)
● ●●大関●●●
(8)
● ●●関脇●●●
(7)
● ●●小結●●● (6)

得点:4
降格:6+2
累積:693
合計:685
6点以上

●はじめ:自分で作った山椒の樹の擂粉木で、自然薯と種を抜いた梅干しを擂り鉢に入れて、もくもくよ擂っている姿が目に浮かびます。うまそうだな。
●邪愚楽/●丘山/●幻灯齋/●日曜生/●小酔
●利根ノ雫/●三笠

得点:3
降格:6+4
累積:871
合計:861
6点以上

●豪力:美味そうな食べ方で

得点:0
降格:6+6
累積:2015
合計:2003
6点以上

●はじめ/●利根ノ雫

●●●前頭以下 ● ●● (2)

得点:2
降格:1+3
累積:190
合計:186
5点以上

●豪力:これもまた美味そうです。
●丘山:つゆの塩梅が肝ですよね。

●はじめ/●小酔

得点:1
降格:2+4
累積:733
合計:727
5点以上

●鷹目:膳上での立場みたいなものを考えさせられます。。
●遊歩

得点:0
降格:2+5
累積:95
合計:87
5点以上

●邪愚楽/●利根ノ雫

得点:0
降格:2+5
累積:272
合計:267
5点以上

得点:0
降格:-3
累積:-3
合計:-6
3点以上

得点:9
累積:1473
合計:
5点以上

無断休場
得点:
降格:-10
累積:-1
合計:-11
3点以上

得点:
累積:215
合計:
5点以上

home    top