令和3年
第390回  10月場所2
お題
燕帰る
Tubamekaeru
優勝
該当者無し
 

殊勲賞

寛容賞:3
得点:18
累積:184
合計:187
6点以上

●はじめ:ガランとした情景が深の深まりを感じました。
●小酔:空の牛舎となったのは、燕の去る少し前。牛が去り燕が去り、そして人も去る。秋燕です。
●豆春:かつては牛と燕、今は燕だけだったが帰って空になってしまった。濃いものがたり
●楽が鬼:我が国の北の国から南の国までで営まれる農耕の民の実景を、さらりと詠み上げた作者の力量.お見事であります。
●酔象:フクシマの空を見た!
●舟酔:日本の片隅にこんな場所がある、来年も燕は来るのだろうか?
●三丁目:牛は出荷され燕は帰る。悲喜こもごもの秋。
●鉄乙女/●丘山

敢闘賞

敢闘賞:3
得点:13
累積:1473
合計:1489
5点以上

●天布留:ヤクルトが優勝するのを知っていたかのような句ですね。
●丘山:スワローズ優勝おめでとうございます。

●遊歩:球宴の喧騒と燕の群れの対比が良い。

●舟酔:野球ファンではありませんが楽しくほっとする風景です。

●三丁目:ヤクルトスワローズ優勝おめでとう。ご祝儀。
●日曜生:舞い飛ぶ、が輪を描くイメージがあり、私には横切る、の方が燕っぽくはありますが。白球の放物線の勢いと空の広さがいいと思います
●酔象:これはどう見てもヤクルトスワローズでしょう!
●豆春/●三笠/●幻灯齋/●津和乃/●緑地
●はじめ

・・・ 勝ち越し・・・

得点:9
累積:2003
合計:2012
6点以上

●三笠:巣が受け継がれていく時間の長さを感じられました。
●利根ノ雫:昔住んでいた巣を良く見つけられますよね

●豪力:また同じ場所に戻るそうですね
●土羊:「また来るぞ」「また来いよ」という明るい句に感じました。
●緑地:生まれた場所に戻るのは16%。凄いことです。まか帰ってこい。
●豆春/●鷹目/●豪力/●日曜生

得点:7
累積:1017
合計:1024
5点以上

●三丁目:国際線でどこの国まで帰るのやら。
●邪愚楽:良い季節に国際線で旅に行きたいものです。
●はじめ:見上げると、首が痛くなりそうですね。
●邪愚楽//●津和乃/●日曜生

得点:10
累積:190
合計:186
5点以上

●邪愚楽:秋らしくて素敵な句です。
●小酔:落語の考え落ちみたい。洒落てますね。
●豆春:とりあわせがいいです手紙と燕。
●利根ノ雫:誰に書いている手紙か気になるなー。
●遊歩:手紙の結びに秋燕とは粋ですね。
●利根ノ雫/●鉄乙女/●土羊/●幻灯齋
●天布留/●はじめ

得点:9
累積:87
合計:96
5点以上

●酔象:駅舎から汽車の空へ視点が一気に動いた!
●鷹目:人間には地上の往復あるのみです。
●丘山:人間模様と燕模様がシンクロしてて面白かったです
●幻灯齋:駅舎の巣をそのままに汽車の上を名残惜しそうに南に飛んで帰るのでしょう。
●津和乃


得点:3
累積:-3
合計:0
3点以上

●津和乃:山がテーマとして入ることで秋感が深り、季節が去って行く雰囲気が伝わってきました。
●三丁目/●舟酔/●土羊/●緑地

得点:3
累積:-11
合計:-8
3点以上

●土羊:人生の終盤の振り返りが秋らしく感じました。
●はじめ:思った程、為し遂げられなかったかな。
●緑地/

得点:9
累積:-6
合計:3
3点以上

●緑地:秋空の気持ち良さがパキッと出て爽快です。
●日曜生:何もない空の清清しさ、寂しさ。この季節のシンプルな風景の描写がいいです。

●津和乃:爽快でシンプル。季節感もよく感じます。

●邪愚楽:清々しい秋晴れですね。
●利根ノ雫/●遊歩

得点:7
累積:155
合計:162
5点以上

●土羊:帰燕とリストラの組み合わせが面白い。
●天布留:せつなさが倍増します。「おつかれさま」の乾杯をしてくださいね。
●豆春:ものがたりがいいですね、秋まで言えなかった
●豪力:どうなるのでしょうか
●酔象/●鷹目/●三丁目/●利根ノ雫/●舟酔
●豪力/●小酔

● ●●横綱●●●
(10)
● ●●大関●●●
(8)
● ●●関脇●●●
(7)

得点:6
降格:7+1
累積:2144
合計:2136
7点以上

●遊歩:燕の黒い群れが消えたあとの空は一層青く見える
●鉄乙女:秋がさらに深まりましたね。

●小酔:すがすがしい、秋らしくていい。
●酔象/●舟酔/●丘山

得点:3
降格:7+4
累積:1368
合計:1357
7点以上

●幻灯齋:丸い雲は巣と読みました。ふわふわで丸くて気持良さそうです。来年またおいで。
●鉄乙女:燕は円月殺方で雲を切り裂くのでしょうか。リズムも良くてかわいらしいです。

得点:1
降格:7+6
累積:1333
合計:1320
7点以上

●幻灯齋:戦没者を祀ってある六角堂から南の国へ帰る燕。燕を通し戦地で帰国出来なかった若者に思いが及びます。
●酔象/●土羊/●丘山

得点:0
降格:7+7
累積:401
合計:387
7点以上

● ●●小結●●● (6)

得点:6
累積:1263
合計:1269
6点以上

●鉄乙女:燕のように空に帰るのがさだめだったのだな。悲しみを美しい句に昇華されていて見事。
●緑地:残された遺族の気持ちが乗り移ったよう。不思議と出来過ぎた感じはありません。
●津和乃:他の句には無い余韻を感じました。
●三笠/●幻灯齋/●日曜生/●天布留

得点:3
降格:6+3
累積:685
合計:676
6点以上

●日曜生:燕に当たり前のことがあるように、人間も迷いを迷わず当たり前として生きたらいいのに。
●丘山:川を通る涼しい風とと燕が風をきる姿がイメージできました。
●鉄乙女/●小酔/●遊歩

得点:5
降格:6+1
累積:861
合計:854
6点以上

●舟酔:よく解らない不気味さがあります。こういうのをシュールというのだろうか?
●鷹目:秘め事なのに何かぬけぬけとした感じがユーモラスです。
●三笠:人妻との間に何が起こっているのでしょうか。
●三丁目/●邪愚楽

●●●前頭以下 ● ●● (2)

得点:4
降格:2+1
累積:577
合計:574
5点以上

●三笠:燕が帰ることで季節が変わったことに気づく生活は良いですね。
●利根ノ雫:カレンダーより燕は季節に敏感ですね
●小酔/●邪愚楽

得点:3
降格:2+2
累積:727
合計:707
5点以上

●豪力:今のご時世はそのかもしれないですね
●豆春/●豪力/●三笠/●はじめ

得点:3
降格:2+2
累積:397
合計:393
5点以上

●鷹目:きっぱりとキレの良いリズムです。
●遊歩/●天布留

得点:1
降格:2+4
累積:267
合計:261
5点以上

●天布留:燕は毎年新しい巣をつくるのかさしら。
●鷹目/●邪愚楽

hom e    top

得点:
累積:2
合計:
5点以上